医者

前もって準備をすること

カウンセリング

デリケートな悩み

誰にでもできる可能性がある「いぼ」ですが、正確にどのような病気になっているのか知らない人もたくさんいます。まずウィルスであるヒト乳頭腫が、指のささくれなどの傷口から入ってくるものや皮膚に感染してできるものがあり、ウィルス性疣贅と名づけられています。いぼができるところは大体決まっていて、手足の指や足底から始まってくることが多いです。初めは小さな状態で表れて少しずつ表面がザラザラするので、気がつくとドーム状の塊になっていることがほとんどです。皮膚科に行くことで処置をしてもらいますが、手術をする場合には液体窒素を使った「凍結療法」をすることが多いです。この療法をする場合には1度ではなく何度か通院してやっていくので、2週間ほど通う必要があります。そして、一度でなんとか処置したい場合には手術方法としてレーザーや電気メスを使った方法があります。これはいぼを焼くことになりますので、前もってカウンセリングを受けることによって手術を成功させることができます。現代社会のライフワークをしていると、それぞれ種類がありますので、いぼ痔などは典型に増えている病気といえます。昔は高齢者に多かったのですが、今では若い男女にも多く現れるようになり、女性は恥ずかしいことから診断が遅れることもあります。お尻のようなデリケート部分ということでは、たしかに恥ずかしい気持ちはわかりますが、早めに処置をしてもらうことで日常生活ができるようになります。診断を受けて手術となると、速やかに仕事の休みをとるなりしっかりと準備をする必要があります。注意点としては、手術を受けるときには前日にアルコールなどの飲酒をすることは控えることになりますが、あくまでも飲み過ぎないようにすることとなっています。これは免疫力が低下してしまうと、せっかく除去できる部分が抵抗力が弱くなっていくこともあるからです。そして入浴などもやっておくことによって、皮膚などを清潔にすることができます。汚れがあるとばい菌が入ってしまう恐れもあることから、前日には入浴を済ませておくことが基本となります。手術当日において食事は6時間前に済ませることが原則となっていますが、これは胃に血液が回るのを少なくすることで回復を早めるためです。手術が終わった後には日常生活に戻ることができますので、食事などは好きなものを食べても大丈夫になっています。しかし、気をつけたいのはアルコールなどの飲酒だけは、すぐに飲むことは控えることになります。病院で終わった後に、薬を処方されていますので、痛みがあった場合に飲酒をしてしまうと薬の効果がなくなってしまうからです。皮膚科で手術をした後などは、よほどの強い痛みが無い限りは仕事をしても問題が無く、日常生活に普通に戻る人も少なくありません。デリケート部分の処置になりますので、常に清潔にしておいて回復するまで待つことが大切になります。そのために食事でも刺激のあるものや辛いものは控えて、消化のいいものや胃腸に優しい食べ物を選択することで、今までの生活ができる早い回復を図ることができるといえます。